オンラインカジノ ボーナス 税金

オンラインカジノのボーナスなどの収益にかかる税金について書いています。


CASINO SECRET

オンラインカジノ ボーナス 税金 計算

オンラインカジノでボーナスを含めた総合的な収益に対しては一時所得として税金がかかりますが、実際に評価対象になるのは現金化した時といわれています。

 

確定申告の際、税務署がチェックするときに記録として残るのは銀行口座にて引き出した時の記録しかチェックしようがないからということらしいです。

 

ボーナスの中で初回入金ボーナスなどだと出金する際には条件があり、一定以上賭ける必要があるので、ボーナス単独というよりそれを含めた収益に対して税金がかかるというのが現実的なところではないかと思います。

 

で、計算方法ですが国税庁のホームページにも記載されています。

公式:

【給与所得なし】収入ー支出×税率ー特別控除額

【給与所得あり】(給与所得+一時所得/2)×税率ー特別控除額

 

上記公式のなかで税率、控除額については国税庁のホームページで所得ごとの税率が記載されています。

  税率 控除額
195万以下 5% 0円
330万以下 10% 97,500円
695万以下 20% 427,500円
900万以下 23% 636,000円
1,800万以下 33% 1,536,000円
4,000万以下 40% 2,796,000円
4,000万以上 45% 4,796,000円

一時所得として計算されるのは収益に上記税率を掛け合わせた結果になります。例えば175万の収益なったなら税金対象は8万7500円になります。

 

これを確定申告を期間中に実施する流れになりますね。

オンラインカジノ ボーナス 税金 カード決済

オンラインカジノには初回入金やその他ボーナスがありますが、ボーナスを含め、収益が発生した際に税金がかかります。とはいえ、現実的には確定申告時に税務署が記録をチェックするので、記録=収益を現金化した時にかかるといってもいいと思います。

 

で、ふと思ったのがこの税金ですがカード決済ができるのか?と疑問が出てきたので調べました。国税庁のホームページに記載がありました。

 

【利用方法】

 

A:国税庁のホームページまたは確定申告書等作成コーナーからアクセスする場合

 

①国税庁のホームページから「国税クレジットカードお支払いサイト」からアクセスするか、「確定申告書等作成コーナー」で申告書作成後に表示される納付方法画面より「国税クレジットカードお支払サイト」へアクセスする

 

②注意事項確認

③税目、課税期間、申告区分など税金情報を入力、納付税額を入力

④利用クレジットカード情報入力

⑤入力内容確認後、納付ボタンを押して納付手続きを確定

 

B:e-Taxからアクセスする場合

 

①電子申告・徴収高計算書データ送信もしくは納付情報登録依頼後にメッセージボックスへの受信通知から「国税クレジットカードお支払サイト」へアクセス

 

②注意事項確認

③税目、課税期間、申告区分などの税金情報がe-Taxから引き継がれるので、内容を確認

④利用クレジットカード情報入力

⑤入力内容確認後、納付ボタンを押して納付手続きを確定

 

国税クレジットカードお支払サイトから税金をカード決済できる点は上記のどちらでも同じですが、アクセスの方法によって若干方法が異なっています。

 

ただQ&Aを確認すると領収書などは発行できないことと、税務署で直接やるわけでもないので申告書作成時などに疑問点が出てきてもすぐには聞けない点がデメリットです。

 

代わりに、申告自体がスムーズにできるのであれば、極論自宅からでもできる点がメリットになると思います。ただカード決済の場合、納税者と税務署の間にカード決済手続きをする納付受託者(国税庁長官指定)が入るので、手数料がかかる点も留意する必要があります。

 

時間>費用という基準で、単独で申告書作成が難なくできるのであればカード決済は有力手段だと思います。

関連リンク

オンラインカジノ オンラインカジノ ボーナス