<エルドアカジノ

 

☆目次★

1.登録方法

2.本人確認方法

3.資金管理

4.インフレ対策

5.税金、確定申告

エルドアカジノ 登録方法

エルドアカジノを始めるのにあたり、アカウント登録が必要です。登録方法は公式サイトにアクセスして、画面右上の15秒登録というボタンからできます。

■公式サイト

エルドアカジノ

 

詳しく見る

入出金制限なし(FULL版のみ)
・初回入金限定ボーナス(MAX50,000円)
・入金不要ボーナス(登録のみでプロモーションコード[2000bonus])
・ローリングチップ(ベット額の一定比率が戻ってくる)
・入金方法にビットコインが使用できる

詳しく見る

 

次にFULL版かLITE版かの選択画面が表示されます。

この2つは言い換えると機能制限版とフル機能版の違いといった方が分かりやすいです。LITE版は登録に必要な情報が少ない(ID、パスワード、メールアドレス)だけで登録可能ですが機能制限があり、FULL版は必要な情報が多い(氏名、生年月日、電話番号、ID、パスワード)ですが制限機能がありません

このLITE版とFULL版の違いについては公式サイトに一覧表でまとめられています。

■アクセス方法画像


LITE版、FULL版どちらかを選んだ後、それぞれ必要情報入力画面が表示されるのでそれぞれ入力します。

■LITE版情報入力画面画像

■FULL版情報入力画面画像

ここまで終わるとアカウント登録は完了です。公式サイトにもこの登録方法の説明ページが用意されています。


ちなみに仮に最初LITE版で登録していて、後かあらFULL版に切り替えも可能です。

■LITE版からFULL版に切り替え

これでゲームプレイできますが、出金するときに本人確認が必須になっているため、事前にやっておくと後から楽なので、登録と合わせてやっておくのがおすすめです。

 

本人確認方法

 

やり方は本人確認書類をサポートへメール送付するだけです。具体的に対象になる本人確認書類や送り先情報などはマニュアルという形で公式サイトにあります。

■公式サイト

エルドアカジノ

?

詳しく見る

入出金制限なし(FULL版のみ)
・初回入金限定ボーナス(MAX50,000円)
・入金不要ボーナス(登録のみでプロモーションコード[2000bonus])
・ローリングチップ(ベット額の一定比率が戻ってくる)
・入金方法にビットコインが使用できる

詳しく見る

 

トップページ上部にあるサポートにアクセスします。

次の画面で本人確認方法をクリックします。

本人確認に必要な書類やサポートの送信先(メールアドレス)が記載されています。

 

資金管理

 

オンラインカジノはペイアウト率が97%といわれており、他のギャンブルと比べても突出して高いです。ただ、資金管理をしていかないと、せっかく勝っていたとしてもそれが溶ける(利益分全損)するのもあっという間です。なので、資金管理をして利益を守りつつ、勝ちを狙っていくのがベストです。

具体的にどうするかというとご自身で出金ルールを決めて、都度出金しておきます。これを続けると万一負けが続いてしまい、残高がなくなっても出金しておいた金額を使えばまたプレイできます。

上記参考画像は勝ち進んだ場合の出金ルールであり、出金ルール「初回は残高が入金額の2倍以上になったら、残高の半分を出金。2回目以降は前回の残高の2倍以上になったら今回の残高の半分を出金する」とした場合になります。例えば3回目の出金タイミングは3回目の残高が2回目の残高の2倍以上になったら3回目の残高の半分を出金するという形で読み替えます。

 

インフレ対策

 

以前は上記資金管理までで十分だったのですが現在はそれでは不十分です。日本では現在インフレ、つまり円安による物価上昇の状況にあり、今回の利益分を銀行貯金に入れたままだと気づけばそれが減少するという事態が起こり得ます。

上記画像はインフレ状況を缶コーヒーのインフレの影響と貯金残高のインフレの影響のイメージです。昔は缶コーヒーは80円でしたが今は130円で50円上がっています。これは円安、つまり物(缶コーヒー)の価値は変わっていないが、円の価値が下がったため、50円分余分に支払うことになったわけです。

言い換えると50円分はインフレにより消滅したと考えることもできます。これが貯金残高規模に置き換えてみます。例えば車が150万で以前は150万で買えたがインフレにより200万になったとした場合、50万円分がインフレで消滅したと考えられます。

どこまでインフレが進むかは未知数ですが、極論現在の貯金額が半減する可能性もあります。これはオンラインカジノの利益分も銀行貯金に入れていたら影響を受けるので対策が必要です。

前置きが長くなりましたが、インフレ対策はポートフォリオを組むことです。つまり、現在の全財産を銀行貯金に固めるのではなく、ほかのもの、例えば仮想通貨、車などの資産、株、現物の金など複数の資産に分けること、これがポートフォリオです。

仮想通貨は流動性が大きいといわれますが、実はあまり変動がないものもあります。例えばUSDTやUSDCが該当します。車も減価償却はあるものの、インフレによる価値が変わることはあまりありません。株については日本株が円安の場合、外国株を持っておき、インフレ影響を抑止することもできます。金も同様です。

 

税金、確定申告

 

オンラインカジノで得た利益ですが、課税対象です。税制上は一時所得として扱われます。課税対象額の計算方法は収支から特別控除を差し引いた残高の半分です。ただし、サラリーマンの場合、さらに控除があります。

☆課税額計算方法

①(収支ー特別控除(50万))÷2=課税対象額
②(収支ー特別控除(50万)ー20万)÷2=課税対象額(サラリーマンの場合)

例えば収支200万の場合は、①の場合は200ー50=150、その半分なので75万、②の場合で65万が課税対象になります。

注意点は収支について、勝った回のみで負けた回に関しては計算に入らない点です。

 

日付 ベット額 収支
3月1日 10万 30万
3月10日 5万 -20万
4月3日 20万 60万
4月25日 5万 -10万
6月1日 30万 90万
6月10日 10万 20万

 

上記表の場合は、3/10と4/25は収支がマイナスですがこの2回に関しては計算に入りません。それ以外の4回分の収支計算結果が上記計算式の収支の対象となります。
 

長くなったのでここでまとめます。

 

まとめ

1.エルドアカジノを始めるにはアカウント登録が必要
2.出金時に本人確認が必須のため、事前にやっておくと後が楽
3.利益保護のために資金管理が大事であり、出金後にはインフレ対策が重要
 

■プロフィール

筆者:とくさん

一言:普段はカスタマエンジニアとして仕事をしています。去年ごろにオンラインカジノをはじめ、そのスタートとしてエルドアカジノを始めました。主にスロットをやっています。あとは資金管理も出金面でやっています。

 

 

© 2022 エルドアカジノ rss